中古車査定

中古車査定額を高くするための豆知識

中古車を買取業者になるべく高く買ってもらうために必要な豆知識をまとめました。

年式について

買取価格に一番影響するのは年式です。人気車種で新しい年式、車両の程度が良い車が高くなり、その逆は安く査定されます。

年式からみた車のおおよその価値を知るには減価償却を計算するとわかります。
税務上の減価償却(定率法)で計算してみます。
購入価格200万円の車の場合の耐用年数は6年(軽自動車は4年)となります。
この6年に対応する償却率を購入価格にかけます。残存価格は10%、償却率は0.166ですので

(200万円 × 90%) × 0.166 = 298,800円 → 1年経過後に減る価値
(200万円 × 90% - 298,800円)× 0.166 = 約249,000円 → 2年経過後に減る価値



このように計算していきます。この評価額に人気度や車の程度を考慮されて買取価格が決まることになりますのであくまでも目安としてお考え下さい。

ボディーカラーについて

次に査定に影響するのがボディーカラーです。一番査定がよいのは白や黒で、その他の色は白や黒に比べて人気がないため査定が低くなってしまいます。もちろん車種によっては黄色や赤色に高い査定額がつくこともあります。

その他の要素

その他の査定にプラスとなる要素としては、その車のグレード、純正のオプション(ナビ、サンルーフ、レザーシートなど)、アルミホイールなどがあります。純正のオプションでなくても人気のある製品がついていると高く査定されることもあります。

査定時期

もう一つ重要なのが、査定(売却)時期です。査定時期によっては数十万円もの差が出ることもあります。車買取業者はこういった情報をしっかりつかんでいますので相談してみてください。モデルチェンジも査定に大きな影響を与えます。そういった情報も常に収集しておくことも大事です。

輸入車

最近輸入車の人気が高まっています。しかし輸入車は故障しやすいといったイメージがあり中古車としての販売数は伸び悩んでいます。こうした状況でも、特定のメーカーや車種には人気があり、BMWやメルセデス、アウディといったドイツ車など有利な査定が出ることもあります。反対にアメ車といったマイナーな輸入車は需要が少ないため査定額は低くなる傾向があり、さらに低年式車となれば査定がつかないこともあります。中には輸入車の買取に積極的な業者もありますので、ネットなどを活用してみるのがいいでしょう。

以外と忘れがちなもの

査定には影響がないだろうと考えがちなのが車内装備の取扱説明書と保証書です。せっかく高価で高性能な車内装備がつけられていても、次に乗る人がその使い方がわからなくては価値も落ちてしまいます。もし取扱説明書を破棄あるいは紛失してしまっても、そのメーカーのHPからダウンロードできる場合がありますので調べておきましょう。また車内装備品を買って間もない場合、保証を受けられる可能性がありますので、保証書もしっかりと保管しておきましょう。これらも査定におおきく響いてきますよ。

さらにパーツなどで純正品から社外品に交換した場合には、元々ついていた純正品は保管しておいたほうがいいです。純正品を好む人は少なからず存在します。純正品を保管しておくことはそうしたお客の趣向に対応することになりますので、査定にも大きく影響してくるでしょう。

高い査定をゲットするコツを述べてきましたが、「もう自分の車は距離乗っていて古いし…」とか「モデルチェンジで世代が古いから…」とか「こんな車を買う人はいないだろう…」などと思う方がいるかもしれませんが、簡単にあきらめてはいけません。中古車市場は古い新しいが問題ではなくて、需要があるかないかで決まります。古い車でも欲しい人がいれば売れるのです。モデルチェンジで先代と全く変わってしまった車に「前のモデルが好きだった」と考えるユーザーもいますし、いろいろな嗜好があります。需要があれば古いモデルでも売れるのです。

最近はオークションに国内の中古車販売店だけでなく海外の業者も参加するようになってきました。日本では10万キロ以上だとかなり走っている車ととらえられますが、1台の車をとても長く乗るのが一般的な海外では30万キロをこえないと売りに出てこない国もたくさんあります。そうした国々に輸出することを専門としている業者もありますので、あきらめずに査定してもらいましょう。

査定してもらう際の注意点

事故車であれば必ず申告しましょう。

「事故車」とは「自動車のフレーム部分を修理、または損傷している車」です。通常、事故車であると査定が大きく減額されてしまいます。これは仕方のないことです。車の骨格となる部分が損傷したのですから。ドア、バンパーなどの外板を修理または交換した車は「事故車」ではありませんにで、電柱にぶつけてバンパーを交換したとか、事故の際にドアがへこんでしまい、鈑金あるいは交換したなどは「事故車」とは言いません。オートオークションなどに参加する業者はその道のプロですので、すぐに見破られてしまいます。偽って事故歴を申告しないで売却した場合、返金をしなくてはならなくなったり、損害賠償を請求される可能性もありますので、正直に申告したほうが無難です。その車が元々中古車だった場合は、前のオーナーの事故歴は当然わかりませんから、業者に事故歴や冠水が後日判明しても契約解除はしないなどの一筆を入れてもらいましょう。

車内のニオイ

車の室内の汚れは、目立つシミやタバコの焦げ跡でない限り査定にはあまり影響しませんが、車の汚れ以上に査定に響くのが室内のニオイです。タバコやペットのニオイは中々取れないために査定に大きく響いてきます。日頃から換気や消臭には十分に気を使いましょう。

車のキズ

車のキズがあると査定に響くと一般的に考えられていますが、必ずしもそうとは限りません。査定業者はその補修を安く請け負う鈑金業者と取引が必ずあります。細かいキズや凹みをお金を出して一つ一つ直してから出すよりもそのまま出したほうが得になる場合もあります。

買取業者との交渉はなるべく紳士的に!

査定員や営業マンも人間です。横柄な態度をとったり、無理難題を押し付けるような人には「もう少しこのお客のために頑張ろう」という気が起こらないものです。上述した事故歴を正直に申告したり、きちんと洗車などをしてあれば、そのお客に対する印象がよくなり、結果的に得をすることもあります。もちろん希望は希望として伝えることは構いませんが、買取業者を困らせるような態度や要求は控えましょう。

チューンナップ(カスタマイズ)された車

チューンナップ(カスタマイズ)された車の評価はどうなるのでしょうか。これも市場で需要があるかないかによります。「この車にはたくさん金をかけたし、世界に一台しかない価値のある車だ!」と考えがちですが、その車を欲しいと思う人が現れなければ高い安い以前の問題となります。そこで重要なのが、純正品を取っておいてあるかです。純正に戻してくれれば買ってもいいという人が現れた場合、純正品が残っていなければ元に戻せません。純正品を保管してあれば、あえて純正仕様に戻して査定に出し、取り外したカスタムパーツを別に売りに出すやり方もあります。

純正品を取っていない場合はそのまま査定に出すしかありませんが、その際に注意してほしいのは車検に通る状態かどうかです。車検に通らない車は販売できませんから論外ということになってしまいます。

買取業者との契約

査定額の提示を受け、その価格での売却が決まれば契約・納車ということになります。
その際に注意してほしいのが、車両を約束した売却日に届けることです。車は査定を受けた日が最も高値となり、以降は1日ごとに評価額は下がってしまうのです。遅くとも1週間以内には届けてください。それ以降になると再査定になることがあります。あと必要書類も漏れのないようにそろえておいてください。

車の売却に必要な書類は以下のとおりです。

・普通自動車の売却
・自動車車検証
・実印&印鑑登録証明書2通(発行後1カ月以内)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書
・売却代金振込口座番号
・リサイクル券

ローンの残債がある場合

ローンの残債があると車が売れないのではないかと心配する方がいると思います。確かにローンをそのままにして車を売却することはできません。なぜならローンを完済しなければ正式にはその車の所有者ではないからです。ですからローンを完済する必要があります。2つの場合を説明します。
【ローン残債<買取額】
この場合はローンの残債を買取額で賄えますので、業者からは残債を引かれた金額が支払われることになります。

【ローン残債>買取額】
この場合は買取額で賄えない部分を新たにローンを別ローン会社で組んで支払うのが一般的です。要するに借り換えをすることになります。

自動車税について

自動車税は年度期間(4月から翌年3月)で課税されます。したがって年度途中で車を売却した場合には翌年3月までの残った月数分還付されます。この手続きは買取業者の方で手続きしてくれる場合が多いので任せましょう。

車の下取りと買取の違いについて
最後に車の「下取り」と「買取」の違いについて解説します。
「買取」とは業者が車を査定して、その金額に納得したら業者が買い取る取引です。
これに対して「下取り」とは次の車を購入する条件で車を買い取る取引です。この場合、新しく買う車の値引き分と下取り額が一緒になってしまうため、正確な査定額がわかりにくくなってしまうことが多いです。「買取」は「下取り」比べ、手間がかかるので面倒くさいユーザーは下取りにしてしまうでしょう。でも多少の手間がかかってもなるべく今乗っている車を高く買ってもらい、次の車を買う資金にしたいと考える方もいます。一括査定にすれば「下取り」よりもずっといい条件で売ることができますからね。

以上、中古車査定に必要な知識をざっとご紹介してみました。「中古車査定に定価なし」とよく言われます。
まさにそのとおりで、車の売却を考えていらっしゃる方はぜひ査定業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

中古車の査定をお考えならこちらから

コメント